MA50&レジサポラインから、戻り売り狙い。決済後の動きに泣く!ニートのFXトレード記録ポンド円(GBP/JPY)2019/04/22

皆さんこんにちは、ニートンです。

前回、ポジションを持ってから、またもや一週間以上経過してしまいました。

マジで、最近の為替相場動かなさすぎ・・・

今月は、このトレードと合わせて、まだ3回しかポジション持ってませんよ(笑

なので、少し微妙かな?と思うポイントでしたが、飛び乗ってしまいました。

ということで、お久しぶりのトレード報告をしていきたいと思います。

今回のメインチャートは、ポンド円1時間足

ポンド円1時間足

はい、ポンド円ですね。

少し前は、上昇トレンドでしたが、ダブルトップぽいところから、きれいに落ちてきましたね。

移動平均線も3本とも、下向きで雲もしっかりできていますので、下降トレンドに突入したと判断してもいいかと思います。

若干下値が抑えられてるところが、気になるところですが・・・

赤線のラインですね、何度も反発していて頭が抑えられていて、さらにはMA50も迫ってきています。

ということで、是非ともここから戻り売りを狙っていきたいと考えました。

他の時間足もチェックしていきたいと思います。

ポンド円日足

日足は、レンジですね。

高値から、安値に向かう途中なので方向性に問題なしかと思いますが・・・

黒線あたりが、サポートラインかな?と思います。

なので、サポートラインに距離が近いので、変なとこで反発しそうなのが、若干怖いですね。

まあ、でも一応そこまで落ちてくれるかな?と思うので、利確目標もそこに合わせて行きたいと思います。

ポンド円4時間足

はい、4時間足も文句なしのレンジですね(笑

黒線が、日足で見たサポートラインのところですね。

4時間足でも何度か、反発しているラインになりますね。

4時間足も一応、方向は高値から安値に向かってるので大丈夫だと思います。

利確目標までは、大体60pipsくらいです。

ポンド円トレード考察まとめ

ポンド円1時間足の、MA50&レジサポラインから戻り売りを狙いたい。

日足・4時間足は、レンジで高値から安値に向かう途中なので、方向性には問題なしと判断。

日足・4時間足のサポートラインが、若干気になるものの、そこまで下落すると考え利確目標は、日足のサポートライン付近60pipsくらいを狙うことにした。

ポンド円エントリータイミング

ポンド円1時間足

黒線のところで、指値注文しておきました。

損切ラインは、20pipsに設定しました。

数時間後、無事に注文通りました。

ポンド円1時間足(エントリー時)

ポンド円5分足(エントリー時)

ポンド円トレード結果

翌日の途中経過

ポンド円1時間足(4月23日朝8時頃)

相変わらず、値動きが少ないですね。

一日経過しても、微妙な価格です。

最初に、戻り売りを狙っていた、MA50も随分下に来たのでとりあえず、建値までストップをずらそうかと思いましたが・・・

やっぱり、何度も反発してるラインの抵抗が強そうに見えて・・・

さらには、もう少し経過すれば、MA100もそのラインに来るので、そこで反発したら悔しいなーと思って、ずらさずに様子見することにしました。

さらに数時間後・・・建値に移動

ポンド円1時間足(朝10時頃)

動かねー動かねーって言ってたら、ついに動きました。

大体、40pipsくらいまで、下落したのでとりあえず、ストップを建値に移動させました。

束の間の喜びから、絶望へ・・・

ポンド円1時間足

えー、赤線が建値に移動させてからの、ストップラインですね。

青線が、最初のストップラインです。

黒線が、利確目標のラインです。

はい、建値に戻すとかいうバカなことしなければ、プラスになってました・・・

フザケンナ・・・クソヤロー!!
(まあ、自分が悪いんですけどね・・・汚い言葉使ってすみません)

今回のトレード結果・・・

取引数量 :1万通貨

エントリー:145.490

ストップ :145.483

pips   :+0.7pips

スワップ :-78

損益   :-8

しかも・・・スワップで、ちょっとマイナスになってるし・・・泣

ポンド円トレード反省点

今回は、ストップを建値に移動させたことが仇になりましたね。

この建値に移動って、結構する人いると思うんですが・・・

これも一つの、微益決済になんですかね?

だとすると、今後行うべきではないと思うんですが、割と勝ち組トレーダーでも建値決済はOKみたいな考え方あるように感じます。

まあ、臨機応変にってところなんでしょうかね?相変わらずFX難しいですね。

とりあえず、次回も頑張ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする