14連敗突破!負けトレードが、どれだけ続こうが諦めない(多分)ニートのFXトレード記録ポンド豪ドル(GBP /AUD)2019/01/23

皆さんこんにちは、ニートンです。

いやー、【悲劇】数pips差で、指値に刺さらず、連敗脱出の機会を逃すポンド豪ドルトレード考察2019/01/22で、悔しかったので同じペアで、リベンジしたんですが・・・ハハハまた負けちゃった(笑

マジきついっす、気力もどんどん無くなってく感じがします。

まあ、とりあえず、エントリー考察から結果までどうぞ~

僕のダメダメっぷりを知りたい人は、下の記事見てください。

参考記事→FXで大損したメシウマ話、1日で100万以上を失った僕

参考記事→失敗と損失の絶望の一年だった!ニートンの2018年を振り返る!投信・FX・IPO・仮想通貨結果まとめ

ニートンの手法やチャート設定について(クリックで開閉)

手法

・レンジの高値・安値の逆張り

・上昇又は、下降トレンドの移動平均線や、レジサポラインからの押し目又は、戻り狙い

チャート設定

・単純移動平均線20(赤)50(青)100(黒)

・一目均衡表の雲

今回のメインチャートは、ポンド豪ドル1時間足

ポンド豪ドル1時間足

はい、1時間足は移動平均線が、3本とも上向きで、上昇雲もありで上昇トレンドだと思います。

なので、MA20からの押し目買いを狙っていきたいと思います。

他の足もチェックしていきます。

ポンド豪ドル日足

日足は、レンジで安値から高値に行く途中ですね。

なので、方向性としては問題ないと思います。

ポンド豪ドル4時間足

4時間足は、ながーい上ヒゲを除けば、前回の高値を超えていい感じで上昇していると思います。

ポンド豪ドル30分足

30分足も、上昇トレンドですね。

ただ、今まで意識されていた、MA20を割ったので少し落ちそうですね。

いい感じで、押し目ポイントまで落ちてくれるとうれしいですが、どこで反発を見せるかが問題ですね。

とりあえず僕は、1時間足のMA20を狙ってますが、30分足のMA50も意識されそうなので悩みどころです。

ポンド豪ドルエントリー考察まとめ

ポンド豪ドル1時間足のMA20から、押し目買いを狙いたい。

日足は、レンジの安値から高値に向かう途中なので、方向性には問題なしと考える。

4時間足は、長い上ヒゲを除けば、直近の高値を更新していて上昇の勢いありと考える。

30分足は、意識されていたMA20を割り、押し目のポイントまで下落してくれそうだが、1時間足のMA20か30分足のMA50で悩みどころだが、僕は1時間足のMA20で行くことにした。

ポンド豪ドルエントリータイミング

ポンド豪ドル5分足

はい、赤線のところが、1時間足のMA20のラインです。

そこから反発して、5分足のMA20を超えたところでエントリーしました。

エントリー後の1時間足

損切りは、1時間足のMA20の下に置きたかったので、30pipsに設定しました。

ポンド豪ドルトレード結果

ポンド豪ドル5分足

えー、上がエントリーライン、下が損切りラインです。

はい、今回も負けました。

今回のトレード結果・・・

エントリー:1.81710

ストップ :1.81409

pips   :-30.1pips

スワップ :0

損益   :-2357

はい、14連敗達成です。

因みに、その後のチャートなんですが・・・

1月23日20時30分頃

ポンド豪ドル30分足

はい、意識されていたのは、30分足のMA50でした・・・

ポンド豪ドル5分足

赤線が、損切りラインですね。

損切り後少し落ちて、そのあと爆上げですよ・・・(笑

一応、1時間足も載せときます。

もうね、なんやねんって感じですよね。

本気で、ストレス溜まりますね。

自分の実力不足なのが、原因だというのはわかりますが、なんというかもう運悪すぎるやろと思ってしまいます。

運のせいにしても仕方ないのは、わかってるけど無理ですね、マジでなんでこうなるの?ってもうどうすればいいの?ってかんじです。

ポンド豪ドルトレード反省点

もうダメですね、どこで反発するのか全然わかりません。

切られた後に、爆上げマジでメンタルに来ますね。

反省点とはいっても、もうどうすればいいのわからないから、反省のしようもないって感じです。

14連敗とか僕以外にもいるのか不思議ですね。

金額でいえば、僕は取引枚数が少ないので、大したことないんでしょうが、連敗数が異常ですよね。

ああー、マジでやばいです。

ストレス半端ないですね。

もう愚痴しかできません。

すみません。

とりあえず、今回のことは何とか忘れて、次のトレードに影響が出ないようにしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする