ニートのFXトレード記録ポンド豪ドル(GBP・AUD)2018/11/30

皆さんこんにちは、ニートンです。

今回は、11月30日分のポンド豪ドルでのトレード記録です。

エントリー時の考えや、結果を報告したいと思います。

僕のダメダメっぷりを知りたい人は、下の記事見てください。

参考記事→FXで大損したメシウマ話、1日で100万以上を失った僕

ニートンの手法やチャート設定について(クリックで開閉)

手法

・レンジの高値・安値の逆張り

・上昇又は、下降トレンドの移動平均線や、レジサポラインからの押し目又は、戻り狙い

チャート設定

・単純移動平均線20(赤)50(青)100(黒)

・一目均衡表の雲

今回のメインチャートは、ポンド豪ドルの1時間足

はい、移動平均線が3本とも下向きで、雲もできてますね。

下降トレンドと判断しました。

何度かMA20で反発しているので、今回もMA20で反発すると考えました。

なので、MA20からの戻り売りを狙いたいと思います。

他の足もチェックしていきます。

日足

日足は、レンジって感じですかね。

しかも、レンジの安値ゾーンから反発してるようにも見えますね。

これは、エントリーにはマイナス材料になりますね。

しかし、もう一度安値を試す可能性もあると思うので、短期の流れ次第では行けると思いました。

4時間足

4時間足は、しっかりとした下降トレンドですね。

直近の最安値も更新しているので、いい感じだと思います。

ただ、ひとつ注意点としては、MA20との乖離が若干あるのがマイナス要素ですね。

とはいえ、流れはいい感じなので、この流れに乗りたいですね。

30分足

30分足も下降トレンドですね。

MA20を抜けてますが、前回も一度抜けて落ちている部分がちょうど1時間足のMA20のところですね。

流れとしては、いい感じだと思います。

ポンド豪ドル(GBP・AUD)エントリー考察まとめ

1時間足のMA20で戻り売りを狙いたい。

日足の、レンジ安値ゾーンでの反発がみられるのが心配。

しかし、4時間・1時間・30分といった短期の流れは、全て下降トレンドなので、短期の流れに乗りたいと考えた。

なので、1時間足のMA20で、反発が見られたらエントリーすることにした。

ポンド豪ドル(GBP・AUD)エントリータイミング

5分足

何度か反発しているところが、1時間足のMA20のラインですね。

直近は、レンジを形成していて、レンジの安値を少し更新したタイミングでエントリーしました。

エントリー後の1時間足

損切は、1時間足のMA20 の上にストップを置きたかったので、25pipsに設定しました。

利確目標は、前回安値あたりを狙いたいと思います。

ポンド豪ドル(GBP・AUD)トレード結果

1時間足

はい、今回も損切になりました。

赤線のところが、ストップを置いていた場所ですね。

今回の結果は・・・

エントリー:1.74540

ストップ :1.74790

pips   :-25pips

スワップ :0

損益   :-2073

ということになりました。

ポンド豪ドル(GBP・AUD)トレード反省点

今回は、やっぱり日足の安値付近で反発しているのに、ポジションを持ったのがいけなかったのかな?とおもいます。

ただ、1時間足のMA50で反発して、安値に向かっているので、方向性は悪くなかったとも思います。

まあ、でもそれは結果論なので、やっぱり不安要素がある場合は、素直に見送ることができないとこの先もずっと負け続けるのかな?と思います。

今回のトレードは、11月最後だったので、何とか勝ちたかったですが、残念でしたね。

また来月から頑張りたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする